• ホーム
  • 肥満の原因である糖質をカットするオーリスタット

肥満の原因である糖質をカットするオーリスタット

2019年07月14日
体の脂肪を心配する女性

肥満の原因は、糖質です。
脂肪が太る原因と勘違いされることが多いですが、人間は糖質が原因で太ります。

糖質というと砂糖など甘いものをイメージしますが、ご飯や麺などの甘くないものも糖質に分類されます。
ご飯を食べる時に甘く感じないのは、ブドウ糖になる前のでんぷんの形で取り込まれるので、口で見抜けないからです。
口から入ったでんぷんは、唾液のアミラーゼの働きで麦芽糖に変換されます。
これが腸にたどり着くと、今度は腸内酵素のマルターゼの働きでブドウ糖に変換されます。

ブドウ糖が血管の中に多くなると、血管を傷つけてしまうので、ブドウ糖を回収するために肝臓からインスリンが放出されます。
インスリンは最初は筋肉のグリコーゲンにブドウ糖を貯蔵して、エネルギーとして使わせます。
しかし、ブドウ糖がさらに多くなると、使いきれなかった分は今度は脂肪細胞に貯蔵されます。
脂肪細胞がブドウ糖で膨らむと、太ります。

このメカニズムを考えると、痩せるには糖質を制限してインスリンを働かせなくさせれば良いということになります。
糖質制限では、糖質を制限して、たんぱく質と脂質をメインにした食事をとります。

たんぱく質は筋肉の材料になるので積極的に摂取したいですが、脂質のとりすぎはおすすめ出来ません。
脂質を多くとってしまうと消化能力が落ちる原因になります。
また、直接的に太る原因になります。

脂っこい食事をとりすぎてしまった場合には、オーリスタットを使うと良いです。
オーリスタットは食べた脂肪のうち30%を未吸収で排出させてくれるので、脂肪分の多い食事をしてしまった時にぴったりです。

うまく食欲をコントロールできない時には、オーリスタットを使って太らないようにしましょう。