お腹を計る女性

オーリスタットとは、肥満治療薬ゼニカルやゼニカルのジェネリック医薬品であるオルリガルなどの有効成分です。
つまり、肥満治療薬の成分名称ということです。
オーリスタットは、神経系に作用しませんので、副作用が少ないといわれています。

オーリスタットの働きについては、脂肪を分解し、脂肪吸収の働きのあるリパーゼの活動を抑制します。
その結果、余分な脂肪が身体に吸収されることがなく、体外へ排出させるというわけです。
服用することにより、食事により摂取した脂質を、約30%体外に排出させる効果が期待できます。

オーリスタットは、前述しましたように、神経系に作用する成分ではありませんので、摂取してもほとんどが体外へ排出されます。
基本的には、重篤な副作用は報告されていませんので、安心して服用することができる肥満治療薬です。
ただ、特徴から、頻繁な便意や大量の脂肪の排泄がありますので、注意が必要です。

オーリスタット服用時の注意点としては、脂肪だけではなく脂溶性ビタミンのビタミンA、D、E、K、βカロテンの吸収も、阻害してしまうという特徴があります。
オーリスタット服用時には、ビタミン摂取に気をつける必要がありますので、脂溶性ビタミン補助剤を、一緒に服用することをおすすめします。
オーリスタットは、食欲を抑制するものではありませんし、現在ついてしまっている脂肪を減らす効果もありません。
あくまでも、食事により摂取した脂肪分を、体外へ排出させるという効果となります。
オーリスタットは、アメリカでの治験の結果、1年間の服用によって、60%の成人が5%の体重が減少し、27%の成人が10%の体重が減少したとの報告がなされています。

このオーリスタットが配合された医薬品としてはゼニカルが有名ですが、そのジェネリック医薬品であるオルリガルも同等の効果を得られるので人気があります。
肥満治療薬は継続して使わなければ効果を実感することができませんので、資金面での問題が出てきます。
しかし、ゼニカルよりも値段が抑えられているオルリガルは通販サイトで買えるので、その心配をすることなく使い続けることができます。

記事一覧
下半身痩せをしたい人向けのダイエット方法

下半身が太くなってしまう原因はいろいろあります。考えられる原因には、むくみ、脂肪、骨盤の歪み、などがあげられます。むくみは冷えによって起こりやすくなる症状で、血行不良が主原因です。これには、お風呂で体を温めたり、体を温める生姜を摂取するなどして、冷え対策を行うと効果的です。脂肪太りの場合には、運動不

2019年09月07日
ケーキ好きな人もオーリスタットを使えば顔痩せ可能

ケーキはお菓子やスイーツの中でも特に人気があり、大人から子供まで誰もが大好きで、特に女性は毎日食べても飽きないくらい好きな食べ物です。ケーキバイキングなど食べ放題やデパ地下の美味しいお店を回るのが趣味の人も多く、自分へのご褒美やストレス解消にも好まれています。ケーキを食べると砂糖の甘さのせいで太ると

2019年08月13日
デトックスに役立つ食材

健康と美を手に入れるために良いのはデトックス、つまり解毒だといわれています。デトックスするためにはいろんな方法がありますが、まずは食生活を変えてみるのも1つの方法です。デトックスに役立つ食材は体の症状によっても違います。例えばストレス過多であれば豚肉、グレープフルーツ、はまぐり、えのきなどが良いです

2019年06月24日
オーリスタットで吸収されなかった脂肪はどうなる?

オーリスタットは肥満治療薬に用いられる医薬成分の1つで、多くの肥満改善薬に配合されている食欲を抑制するなどの中枢神経系作用がないものです。そのメカニズムは腸内の消化酵素であるリパーゼに働きかけ、食事等から摂取した脂肪分に対して腸管で吸収されるのを抑制し、便と共にそのまま体外へ排出するというものです。

2019年04月22日
健康体でも体外に排出される栄養素

健康体でも毎日の生活で栄養素を全て取り入れている人は多くありません。そのため、毎日の食生活で不足しがちな栄養をサプリメントなどで取り入れている人もいます。一般的に取り入れていることが多いものとして、複合的なビタミン剤や、カルシウムなどのベースサプリメントといわれているものが多いのです。しかし、適切な

2019年05月06日
有害なものを体外に出すデトックス

デトックスという言葉があります。このデトックスは解毒とも言われており、体内にある有害なもの体外に出す事、またはその方法を言います。例えば体内に有害な物質としては水銀やアルミニウムなどがあります。これらの水銀やアルミニウムは、なかなか体外に排出されることが少ないため、このようなデトックスという方法を取

2019年05月26日
肥満の原因である糖質をカットするオーリスタット

肥満の原因は、糖質です。脂肪が太る原因と勘違いされることが多いですが、人間は糖質が原因で太ります。糖質というと砂糖など甘いものをイメージしますが、ご飯や麺などの甘くないものも糖質に分類されます。ご飯を食べる時に甘く感じないのは、ブドウ糖になる前のでんぷんの形で取り込まれるので、口で見抜けないからです

2019年07月14日